2013年11月18日月曜日

Welcome broken Japanese

そういえば、長野に行ったとき、おもしろいことがありました。
Twitterに「長野さむい!」と書いたら、「温度は何ですか?」と知らない人からメンションがありました。びみょうにへんな日本語だなーと思いつつ何度かやりとりして、あとでその人のプロフィールを見たら、GCCという世界的に有名なオープンソースプロジェクトの開発者で、チェコ人でした。

https://twitter.com/cpp_akira/status/381541917273509888


「世界は壊れた英語でつながっている」
というようなことはよく言われていて、私自身も海外のオープンソースプロジェクトに拙い英語で参加しています。
しかしその逆に、英語ネイティブな人が拙い日本語で活動してるのはあまり見ません。私のブログにもたまに「おもしろそうな記事だね!英語で書いてほしい!」みたいな趣旨のコメントを英語でもらいますが、英語圏からの歩み寄りももっとあっていいんじゃないかと思います。

今回その歩み寄りの一つを体験でき、こういうのが増えてくれるといいなーと思いました。
壊れた日本語歓迎です。


参照:
Japanese for Programmers
Boost開発者MLに初投稿 - Faith and Brave - C++で遊ぼう
酷い英語をもっとお願いします