2016年6月11日土曜日

乗ったスーパースポーツまとめ

ぼくはスーパースポーツバイクが好きです。
各メーカー最高のバイク、最先端技術、楽しさ。スーパースポーツはロマンです。

試乗も含めていろいろなスーパースポーツに乗ったので、専門的なインプレッションは書けませんが、簡単な感想をまとめていこうと思います。

YAMAHA YZF-R1 2013年モデル



はい、ぼくのバイクです。
この年式のR1は、特徴としてクロスプレーンエンジンというのがありますね。燃焼トルクと慣性トルクのうち、慣性トルクをほぼ完全になくし、コーナリング時のコントール性を向上させています。
コーナリングが非常に楽しいです (^q^)
走行モードとして、STDモード、Bモード、Aモードがあり、詳細な説明は割愛しますが、最初の1ヶ月くらいはBモードで乗っていました。BモードだとR1はただの大型排気量バイクになります。おもしろくはない。ですが、雨の日や、低速走行時などは安心度が上がります。
普段使っているのはSTDモードです。スロットルレスポンスが非常に早いです。スロットルレスポンスの早さは楽しさに直結します。非常に楽しいです。

あと、センターアップマフラーが大好きです。センターアップの流行はもう終わってしまったらしく、悲しいですね。このバイクからの乗り換え先はどうすればいいんだろう、とまだ先のことですがちょっと不安になってしまっています。

HONDA CBR1000RR 2015年モデル


R1を買う前に「スーパースポーツというのがどんな感じなのか、どれか乗ってみよう」と思い、ホンダの試乗会で乗りました。
CBRは、他のメーカーのどこか尖ったスーパースポーツと違って、クセがないのが特徴かなと思います。乗りやすいです。
当日は緊張のあまり、写真を撮り忘れました (^^;
初めてのスーパースポーツだっただけに、ハンドルが遠く、前傾がきつく、足つきが悪い、という印象がありましたが、R1のほうがきついです。
R1ほどのスロットルレスポンスの早さもないことで、乗り始めの低速は安心感がありました。試乗会で駐車場の細いコースを走ったこともあって、40km/hくらいしか出していないので、本当に楽しいところは味わえていないと思います。

KTM 1190 RC8 R 2016年モデル



RC8は、KTMの試乗会で、船橋のオートレース場で乗りました。
R1ほどスロットルのレスポンスは速くないので初めてでも乗りやすかったです。
タンクが細く、ニーグリップがしやすかったです。
シート高もそれほど高くないので安心です。

MV Agusta F3 800 2016年モデル


「走る宝石」の小さいやつです。箱根ターンパイクで行われたMV Agustaの試乗会で乗りました。
F3は、ものすごく乗りやすかったです。
初めてのオートシフターでしたが、「シフトチェンジの楽しさがなくなったらイヤだなぁ」と不安に思っていましたが、意外と楽しかったです。スロットルを戻すことなくシフトアップして加速していくのもまた、別な楽しさがありますね。
電子スロットルも初めてでした。スロットルを離してもすぐ戻らないという話を聞いていましたが、公道の速度域なら気にするほどではなかったです。
シート高が805mmなので、スーパースポーツの中では足つきが非常にいいバイクだと思います。
コンパクトでパワフルだったせいか、非常に楽しかったです。
これで名前がR1で、カラーがブルーで、カウルが自分好みなら欲しくなりそうでした。

BMW S1000RR 2016年モデル


S1000RRは、箱根ターンパイクで行われたBMWの試乗会で乗りました。
電子制御の塊と噂の、2015年以降のS1000RRだったので、非常に楽しみでした。
まず、乗り味は全体的にマイルドでした。RACEモードも試しましたが、急激な加速もなくグイーーンと徐々に速度が上がっていくので、スーパースポーツという感じはあまりしなかったです。
音も静かで、発進のときは「これほんとにエンジンかかってるのかなぁ」と不安になりながらスーッと進んでいくので、違和感がすごくてちょっと怖かったです。慣れの問題だと思います。プリウスみたいな感じです。
低い速度域を使っている分には、電子制御がいろいろ付いていて安心な、大排気量のバイクであって、スーパースポーツらしさはあまり感じられないと思います。逆に言えば、街乗りもしやすいスーパースポーツバイクであると言えます。
この年式のS1000RRは、シフトアップだけでなくシフトダウンもクラッチレバーを握らずに使えるのが特徴です。シフトダウン時には自動的にブリッピングが行われ、エンジンの回転とタイヤの回転が自動的に合わされます。実際に試してみて、「おー、ほんとに勝手にブリッピングしてるー」というのが実感できて楽しかったです。減速とシフトダウンが安心になりますね。
S1000RRに乗っている人は周りにわりといますが、たしかにこれだけ至れり尽くせりなら、乗る人が多いのもわかるなー、と感じました。

SUZUKI GSX-R1000 2007年モデル


エバグリに行ったときに、お友達の代田さんに乗せてもらいました。
走りだした瞬間から「なにこれ、すげー楽しい、超楽しい」というのが感じられました。
全体的にバランスが非常にとれたバイクなのだと思います。
コンパクトで乗りやすく、前傾もほどよくて、加速も非常によく、コーナーも綺麗に曲がれる。
2007年でこの完成度はすごいなスズキ、と思いました。これはいいです。
GSX-R1000は乗ってる人が非常に多いですが、これはたしかにほしくなります。

KAWASAKI ZX-10R 2013年モデル


代田さんたちとエバグリに行ったときに会った、初対面のメーカーさんに乗せてもらいました。
これも走りだした瞬間から「やばい、これはやばい、超たのしい」となっていました。10Rは非常にパワフルで、官能的な加速をしますね。これは中毒性があります。
一家に一台ほしくなるバイクです。

おわりに
まだ乗っていないスーパースポーツは、いくつかあります。
パニガーレはどこで乗れるかわからないですが、機会があれば乗ってみたいですねぇ。250ccみたいな軽さなのに加速がすごいと聞いています。
DAYTONA 675は生産終了してしまったので、公式の試乗会は期待薄です。
RSV4はよく試乗会があるので、今度機会があったら乗ってみます。

ちなみに、一番好きなのはR1ですが、ZX-10RとGSX-R1000は同じくらい楽しかったです。スーパースポーツと呼ばれるジャンルですが、メーカーごとに乗り味も特徴も全然違うので、乗り比べてみるのは楽しいです。
スーパースポーツには「バイクの楽しさ」が詰め込まれています。メーカー最高のバイクに乗ることは、人類が現時点で到達している最高の技術に触れることでもあるので、最先端技術というものが好きな人もまた、スーパースポーツに乗ってみるといいと思います。