2013年6月20日木曜日

C++ポケットリファレンスを書き終えて

C++ポケットリファレンスを書き終えて、Boost.勉強会を出版記念イベントにして、参加者の人たちに話をしました。

普段いろんなところで、「C++11対応の本まだー?」という声を聞く中で、実際にC++11対応の本を書き、出版記念イベントで「待ってるだけじゃ本は出ないんだよ!」と伝えられたことが、今のところ最大の成果かなと思います。

Boost.勉強会には、日本各地のC++に詳しい人が集まってくるので、そういう人たちが本を書かないと本が出ないのは、当たり前と言えば当たり前だと思いますが、出版業界というのはやはり閉じた異世界というイメージがどうしてもあって、自分の知らないすごい人が本を書いてるんだろうなー、と感じることがあります。
でも実際にはそんなことなくて、とくに最近はブログや勉強会で活動してる人に、出版社から話がかかります。なので、こういう場所に集まってくる人が書かないと、本当に本は出ないのです。

今回、6人の共著で書き、本を書いた経験を積んだ人が一気に増えました。この著者たちが、自分の経験をより多くの人に伝え、出版社がこの著者たちの紹介で新たな著者を見つけ、本を書く人をどんどん増やせていけたら、自分から「本を書きたい!書くぞ!」という人が出てきてくれるんじゃないかな、と思っています。

今のところは、ようやく一冊書いて経験を伝えた、という段階ですが、これから後に続く人が出てきてくれることを切に願っています。